堀切水辺公園の台風明けの様子

horikiri.jpg

2019年10月13日。台風19号の去った後の葛飾・堀切水辺公園(荒川河川敷)の様子です。
いつも、凧揚げで利用している公園なんですが、船着場がなんとなく分かるような状態です。

EGtPOgUUwAArWGf.jpg


iwabuchi.jpg

新岩淵水門(青門)の表側

iwabuchikami.jpg

岩淵水門(赤門)

これまで、見たことのない状態です。
空は雲ひとつない快晴です。

台風19号の対策で緊張

karyujm.jpg

北区志茂にある国土交通省 関東地方整備局 荒川下流河川事務所は、台風19号の対策で職員の方々は緊張しているのでしょうね。
また、北区浮間にある浮間地区荒川防災ステーションは、洪水による被害を防ぐための水防活動の拠点になりま す。防災資機材を備蓄している場所は、普段は公園として利用していますが、防災資機材が使われなく終わることを祈ります。

20101217_1552892.jpg

いつも、凧揚げに利用している場所でもあります。これからも楽しく凧を揚げられることを希望します。

洪水ハザートマップが公開されていますので確認しましょう。

第48回板橋区民まつりが始まります

PA160051-1.jpg

区立グリーンホール前道路ではオープニングセレモニー、区民おどり、阿波踊り、子どもみこし、大人みこし、音楽街頭パレードなどの演目が、その他、板橋第一中学校校庭、大山公園、日本たばこ跡地では出店や物産展を楽しむことができる。

日時:
10月19日(土)11時30分~18時00分(おまつりひろば/12時30分~16時30分)
10月20日(日)9時00分~16時30分(おまつりひろば/10時00分~16時30分)
場所:
区立グリーンホール前道路及び周辺
最寄駅:東武東上線「大山駅」・都営三田線「板橋区役所前駅」
主催:
板橋区・板橋区観光協会
お問合わせ:
板橋区観光協会 電話:03-3579-2255

5d943b60707fa.jpg

交通規制及び会場周辺案内図
会場及びその周辺道路は、交通規制が行われ、時間内の車両の乗り入れはできません。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力の程よろしくお願いいたします。
(下記、交通規制および会場周辺案内をご参照ください)
※規制時間内は健康長寿医療センター北側区道の一方通行が通常とは逆になります。

昨年の板橋区民まつり

第47回板橋区民まつり2018初日


第47回板橋区民まつり2018二日目


サンバカーニバル板橋区民まつり2018志村リベルダージ


板橋区民まつり2018 神輿パレード


金沢百萬石太鼓


三味線・民謡ユニット『金沢むすめ』


浮間地区荒川防災ステーションで130連凧

PA100001-2.jpg

2019年10月10日よく晴れて風が気持ち良いので午後から浮間地区荒川防災ステーションで凧を揚げるために出かけました。
到着した頃は、空は暗い雲に様変わりとなり、風も弱くなってしまいました。

PA100001-1.jpg

浮間地区荒川防災ステーション(東京都北区浮間1丁目3)は荒川河川敷にあって、荒川戸田橋緑地公園と岩淵水門の中間にある。JR北赤羽駅から300メートルと近い。
荒川の河口から約23kmの東京都北区浮間地先に位置し、洪水による被害を防ぐための水防活動の拠点になりま す。また、洪水や大規模な地震によって災害が発生した際に、復旧活動の最前線基地となります。

防災資機材を備蓄している場所は、普段は公園として利用できます。
公園はそんなに広くないですが、側が河川敷ということもあって、凧を揚げることができます。

PA100005.JPG
PA100006.JPG

ミラー130連凧
晴れていたらキラキラと綺麗なのに残念です。


雨が降りそうなので急いで帰ることにしました。

台風19号東京直撃となりそうですね、12日の堀切凧揚げ会は残念ながら諦めなくてはなりません。


荒川知水資料館(岩淵水門)と虎凧

PA090001.jpg

2019年10月9日(水)新作の虎凧を揚げるために赤羽岩淵の新岩淵水門(青門)へ行きました。
周辺の様子を撮影しましたのでご覧ください。

赤羽駅から徒歩約20分、東京都北区志茂の荒川河川敷は、驚きのスポットだ。ここで荒川(旧荒川放水路)と隅田川(旧荒川)が分岐する。川の中には旧岩淵水門(赤門)と新岩淵水門(青門)の色鮮やかな2つの水門が立ち、雄大で不思議な風景が展開している。

PA090002.jpg

荒川知水資料館アモア正門

荒川知水資料館は荒川流域の人と情報の交流、また北区における河川公園管理の拠点としてこれらの機能を集結させる形で平成10年3月に開館致しました。

000111815.jpg

荒川情報ボード
荒川の上流から河口までを概略地図で紹介しています。荒川の全長や放水路区間の長さ、荒川知水資料館の位置などもわかります。荒川に架かる橋もマグネット式の写真で紹介していますので、手にとってご覧ください。

水槽コーナー
北区の荒川で見られる魚がじっくり観察できます。

イコノス
タッチパネル画面で荒川流域の衛星写真を見ることができます。好きな場所を拡大して流域の様子をみてみよう!

ロビー
飲食可能な休憩スペースと荒川に生息する野鳥の バードカービング(野鳥彫刻)や昆虫の標本を展示しています。

000691166.jpg

アモア2階(本館)
人工河川・荒川
荒川下流部は明治43年の洪水を機に開削された人工河川です。約19年の歳月をかけて誕生した荒川放水路の歴史と、完成後の新たな問題「ゼロメートル地帯の出現」についてとりあげます。

都市河川・荒川(浸水シュミレーション)
川で洪水が起こったとき、流域の町がどのように浸水するのか、赤羽や浅草など20地点のシュミレーション映像が流れます。

000111822.jpg

地域交流スペース
荒川をフィールドとした地域の方々の活動や、小中学校の総合的な学習の時間を支援するため、自由に使えるオープンスペースです。「地域交流スペース」は、荒川をフィールドとした活動を支援します。

国土交通省 関東地方整備局 荒川下流河川事務所
〒115-0042 東京都北区志茂5-41-1 電話:03-3902-2311(代表)

PA090003-1.jpg

バーベキュー広場
後ろにあるのは、水位観測所
その後ろは、新荒川大橋です。

PA090003-2.jpg

旧岩淵水門(赤門)
荒川放水路工事の際治水の要として青山士監修のもと建設された水門。現在は、老朽化や計画高水位の変更により使われていないが、歴史的建造物として保存されている。

有名な心霊スポット
その昔、『暴れ川』と称された荒川は、大雨が降ると堤防が次々と決壊した。旧・岩淵水門には、水に流されて亡くなった人たちの死体が流れ着き、地元の人たちが遺体の始末をしたという。

PA090005.jpg

新岩淵水門(青門)
旧岩淵水門に代わり、新しく建設された水門。洪水時には扉を閉め、荒川から隅田川への水の流入を防ぐ。これより下流が隅田川となる。

PA090006.jpg
PA090007.jpg

新岩淵水門(青門)グラウンドの土手の上にあるベンチがいつも凧揚げ場所。
北区花火会での花火の打ち上げ場所でもあります。

PA090008.jpg

凧揚げ場所から旧岩淵水門(赤門)の裏側と中之島(水門公園)

PA090009.jpg

凧揚げ場所から川口市の高層マンション群

PA090010.jpg

虎凧だ。



PA090011.JPG
PA090012.JPG
PA090013.JPG

雲の間から陽がさしています。

荒川戸田橋緑地公園で凧の試し揚げ

PA030006.JPG

2019年10月3日板橋・荒川戸田橋緑地公園で新作の試し揚げを兼ねた凧揚げをしてきました。
やや強めの風の中での試し揚げをしたかったので、今にも雨が降りそうな雲行きの中で出かけました。

PA030003.JPG

厚い黒い雲にここだけ青い空が見えました。

PA030005-1.jpg
PA030005-2.jpg

コブラカイト。翼に反りを入れて揚げてみました。大きく反りを入れると左右にぶれ、上昇力が悪くなることがわかりました。

PA030001.jpg

新作の試し上げ。
弱風用に製作したつもりなのですが、揚げるのに苦労した凧です。何度も調整して今日でやっと、やや強い風の中で糸目を調節して揚がりました。

連凧も用意していきましたが、やや強い風が時間が経つにつれ、強くなったので断念。

急ぎ帰宅したが、途中、小雨となりました。

新岩淵水門(青門)で連凧

PA020011.JPG

2019年10月2日の秋を感じさせる新岩淵水門(青門)でのミラー130連凧を揚げました。
出かける頃は雲ひとつない快晴で気温は暑かったのですが、風が気持ちよくて、凧を揚げたくなったので急いで用意して新岩淵水門へ向かいました。

PA020007.JPG

PA020009.JPG

PA020014.JPG

新岩淵水門(青門)より対岸、川口の高層マンション群を背景にミラー130連凧が気持ちよく揚がりました。


PA020010.JPG

写真を撮らせてくださいとギャラリーが訪れました。それも何人も



堀切凧揚げ会のお知らせ

P3090030.jpg

お休みしてました「堀切凧揚げ会」10月から毎週土曜日に定例会として催したいと思います。
場所は、堀切水辺公園(荒川河川敷)
期間は2019年10月12日(土)より2020年5月30日(土)までの毎週土曜日
この期間の中で凧揚げ大会などの催しがある場合はお休みにします。
時間は、午後1時より4時まで
参加は自由ですのでご気軽にお楽しみください。
当日の天候により中止になる場合があります。

P9290050.jpg

10月5日(土)は「第20回足立凧まつり」が開催されますので参加してください。
荒川河川敷 虹の広場
最寄り駅は、くばエクスプレス 『北千住駅』徒歩13分
東武伊勢崎線 『牛田駅』徒歩25分
京成本線 『千住大橋駅』徒歩26分

10時~14時 雨天中止


10月26日(土)は「日本の凧の会秋季取手全国大会が開催されますのでお休みです。


堀切水辺公園
堀切菖蒲園近く、荒川河川敷にある水辺の公園。荒川を望む広い河原でのんびりすごすことができる。堀切菖蒲園の船着場のほか、地元ボランティアが世話する花畑もある。

荒川戸田橋緑地公園で連凧を揚げる

P9260001.jpg

2019年9月26日外はいい天気。いつの間にか涼しい風が凧揚げを誘惑します。
午後3時に自宅を出発。此の頃になると曇り空になってしまった。
公園に到着し、まずは、ミラー130連凧を揚げました。夜の凧揚げで此の夏は大活躍の此の連凧は銀のミラーの痛みが目立ちます。

赤羽岩淵の新岩淵水門へ向かうつもりでしたが28日は北区花火会で今日あたりは会場整備で揚げられそうでないこと予測できたので荒川戸田橋緑地公園にしました。

P9260002.jpg
P9260004.jpg

ミラー130連凧を揚げている間に試作凧の試し揚げをしました。
早いもので周囲は暗くなってきました。
そんな時、一緒に凧を揚げさせてくださいと訪れた方がいました。
地元の方なのでしょうか? 初めてお会いする方で見ていると、六角凧と角凧を上手に揚げていました。
もう、何年もこの場所で凧を揚げていますが、この時間に凧を揚げようとする方がいるとは、驚きでした。

P9260007-1.jpg
P9260007-2.jpg

すぐに暗くなることを当初から計算済みで用意してあるのは夜凧。
公園には、誰もいない中で夜凧を揚げました。

夜凧を揚げるのも今年は最後ですね。

鎮魂の100連凧を揚げてきました

P9240001-1.jpg

2019年9月24日荒川戸田橋緑地公園で鎮魂の100連凧を揚げてきました。
彼岸の墓参りもしていないので今度は出かけるぞと話はしていたが、いまだ、都合がつかないで今回となっています。例年なら、とっくに揚げているのに、初代の鎮魂の100連凧の処分も未だに終わっていないこともあって、延び延びになってしまった。
そんなことで、まずは、今日揚げてこようと出かけたわけです。

なんでなんだろう、やることが沢山あるのに、ここで一度整理をして、できることから、やることにした。
作りたい凧も沢山あって、試作、試し揚げ、試作、試し揚げと毎日、追われるようにしている。
来年の干支の連凧の図案もほぼ決めたし。

P9240001-2.jpg

曇り空でも蒸し暑い。荒川戸田橋緑地公園に到着すると風は北風になっている。気温も下がっていているようでした。
やや弱い風でしたが綺麗に揚がりました。
陸上競技場の管理人さんが連凧の撮影に駆けつけてくれました。
鎮魂の100連凧の説明をしているうちに雨が降ってきましたので凧を撤収していると管理人さんは傘とビニール袋を持ってきてくれました。

助かります。そんなことがあってから凧談義で長話しをしてしまいました。

その後、雨が止んで、風が吹いてくれたら、濡れた凧を乾かすためにも連凧をもう一度、揚げようと待っていたのですが、ほとんど無風の状態なので帰ることにしました。

帰宅して、まずは、濡れた凧を乾かすことに。
凧の反りも雨に濡れたために無くなったので空き段ボールに等間隔に開けながら凧を反らして収納して二日間ぐらい掛けて乾燥させます。

ウェールズ代表を歓迎する北九州市民の粋なおもてなしに感動

worldcup2019.jpg

ウェールズ代表を歓迎する、1万5000人の北九州市民が話題になっていました公開練習に立ち見も含めて約1万5千人のファンが集まり、1万5000人の市民が歌ったウェールズ国歌が完璧すぎるとウェールズ人を驚かせています。



本当に日本人で良かったと思うよ。

新岩淵水門と凧揚げ

P9210003.JPG

2019年9月21日今にも雨が降りそうな曇り空。
新作の凧の試し揚げをするために北区赤羽岩淵の新岩淵水門(青門)まで行きました。
秋の気配が強く感じられるのが、涼しく吹く北風です。
この前まで暑くて昼間に凧を揚げるなんて避けていたのに歩道は落ち葉が多く見られるようになりました。

北風が吹くようになると、凧を揚げるのにも場所を選ぶことになります。
板橋の荒川戸田橋緑地公園は南風の時に利用しますが、ここ、新岩淵水門は南風でも北風でも対応できるのです。

P9210008-1.jpg

新岩淵水門(青門)の内側
ここから隅田川となります。

P9210008-2.jpg
P9210010-1.jpg

新岩淵水門の近くから試し揚げをしました。

P9210004.JPG
P9210005.jpg
P9210008-3.jpg

アローカイト150連凧を揚げました。
久々に揚げてみました。一年ぶり?

P9190001-1.jpg
P9190001-2.jpg

コブラカイト

他に新作の試し揚げをしました。

雨が降り出しそうな雰囲気なので早めに退散しました。

浅間神社富士山 十条冨士講

P9210001.JPG

十条商店街から道を迷って、再び戻ってしまった場所がここでした。
紹介しろってか

看板に世界文化遺産登録だって。嘘だろう。
実際は、平成3年11月11日に東京都北区指定有形民俗文化財に指定されています。

P9210002.JPG

冨士神社は都内七冨士巡りの1つ(十条冨士)としても知られる神社です。毎年6月30日と7月1日の「十条冨士神社大祭」は、「お冨士さん」と呼ばれ、たくさんの人や露天でにぎわいます。

十条冨士塚(じゅうじょうふじづか)は、十条地域の人々が、江戸時代以来、冨士信仰にもとづく祭儀を行って来た場です。
現在も、これを信仰対象として毎年6月30日・7月1日に十条冨士神社伊藤元講が、大祭を主催し、参詣者は、頂上の石祠(せきし)を参拝するに先だち線香を焚きますが、これは冨士講の信仰習俗の特徴のひとつです。
塚には、伊藤元講などの建てた石造物が、30数基あります。銘文(めいぶん)によれば遅くとも、天保11年(1840)10月には冨士塚として利用されていたと推定されます。
これらのうち、鳥居や頂上の石祠など16基は明治14年(1881)に造立されています。この年は、冨士講中興の祖といわれた食行身禄(じきぎょうみろく)、本名伊藤伊兵衛の150回忌に当りました。石造物の中に「冨士山遥拝所再建記念碑」もあるので、この年、伊藤元講を中心に、塚の整備が行われ、その記念に建てたのが、これらと思われます。
形状は、古墳と推定される塚に、実際の富士山を模すように溶岩を配し、半円球の塚の頂上を平坦に削って、富士山の神体の分霊を祀る石祠を置き、中腹にも、富士山の五合目近くの小御岳(こみたけ)神社の石祠を置いています。また、石段の左右には登山路の跡も残されており、人々が登頂して富士山を遥拝し、講の祭儀を行うために造られたことが知られます。

東京北区にある商店街「十条銀座商店街」。テレビで幾度となく取り上げられる人気の 商店街です。惣菜天国と言われる程、惣菜の種類が豊富で安いのが特徴。
昼過ぎでしたが商店街は、すでに混雑してました。さすが十条です。

北区花火会2019のお知らせ

1024x729.jpg

第8回目の開催となる北区花火会。
「北区花火会」は、北区を代表する民間団体が中心となり、地元の皆さまのご協力をいただきながら開催する秋の花火協働事業です。 北区民ひとりひとりが力を合わせて盛り上げる手作りの催しなので、「花火大会」とせず、親しみを込めて「花火会」と名付けました。 子どもからお年寄りまでが、今まで以上に「地域への愛着」を感じ、荒川の地域資源を活用した新しい観光事業として「北区の地域振興」と「地域イメージアップ」、併せて地域の『絆』を深めることを目的としております。

画像の引用北区花火会のHPより

開催日程:2019年9月28日(土) 
花火打ち上げ時間:18:30ー19:30
場所:荒川河川敷・岩淵水門周辺
打上花火:8,888発
荒天の場合:雨天決行、荒天中止
有料席:2エリアあり、詳細は公式サイトで確認。

[スケジュール]
12:00 開場/花火会フードコート オープン
13:00 花火会オンステージ スタート
16:30 有料席開場
18:30 開会/オープニングセレモニー
18:45 花火打上開始
19:30 花火打上終了 21:00 閉場

■会場への交通

■JR赤羽駅東口より徒歩20分
■南北線赤羽岩淵駅・志茂駅より徒歩15分
駐車場はありません。
当日はたいへん混雑が予想されます。
会場まで徒歩40~50分ほどかかる場合がございます。お早めにご来場いただけますよう、お願い申し上げます。
問い合わせ:03-6319-3973 北区花火会実行委員会事務局


この場所は、いつも、凧を揚げているところです。

子易神社祭礼 宮元町会2019後編

P9150001.jpg

宮元町会の祭礼は2019年9月14日(土)15日(日)に開催されました。
15日(日)は子供神輿と曳き太鼓巡行と大人神輿です。
後編をお楽しみください。

P9150001-2.jpg
P9150001-3.jpg

子供神輿と曳き太鼓巡行

P9150003.jpg
P9150004.jpg
P9150008.jpg
P9150010-1.jpg
P9150010-2.jpg
P9150010-3.jpg

大人神輿が出発です。

P9150011-1.jpg
P9150011-2.jpg
P9150012-1.jpg
P9150012-2.jpg



今年も女神輿がありませんでした。
見たかったな


宮元町会の名称は、「子易神社」のお膝元であることから宮元町会と付けられました。
板橋区二丁目の一部と大山東町の一部の地域に位置しています。

子易神社祭礼 宮元町会2019前編

P9140009.jpg

宮元町会の祭礼は2019年9月14日(土)15日(日)に開催されました。
小さな公園の会場には、大勢の親子連れが訪れ賑やかでした。
前編は会場の様子をご覧ください。

P9140003.jpg
P9140004.jpg
P9140005.jpg
P9140006.jpg
P9140007.jpg

会場の賑やかな様子です。
こんなに子供たちがいたんですね。

P9140011.jpg

お祭りを盛り上げてくれました。




宮元町会の名称は、「子易神社」のお膝元であることから宮元町会と付けられました。
板橋区二丁目の一部と大山東町の一部の地域に位置しています。

中秋の名月。凧揚げするぞ!

P9130030-1.jpg

「13日は中秋の名月。凧揚げするぞ! 集まれ」9月13日は「中秋の名月」です。お月見をしながら夜凧を揚げます。
ということで、午後2時より8時頃まで堀切水辺公園で凧揚げ大好きなオヤジ達が集って凧揚げをしました。
昨日までの猛暑から30度を超えない涼しい陽気となり、しかし、残念ながら曇り空で帰り際に雲の切れ目から中秋の名月を見ることはできましたが、満足できるものでありませんでした。

EEWH0D1UcAIRKxL.jpg

いつも凧を揚げている場所に行く途中、地元のボランティアの方々が育ている秋桜畑があるのですが、台風で倒れてしまっていました。

葛飾あらかわ花いっぱい事業について|葛飾区公式サイトから
9月26日、9月27日に、葛飾あらかわ水辺公園および堀切水辺公園において予定していた「コスモス花摘みイベント」は、台風15号の影響により中止になった。

EEWH0EUUcAAtFjv.jpg

他にもグランド側の樹も倒れてしまいました。

P9130008.jpg
P9130018.jpg
P9130020.jpg

六角凧にシャクシメーで遊ぶ

P9130013.jpg
P9130015.jpg

大きな奴凧です。

P9130007.jpg
P9130011.jpg
P9130026.jpg

異なるカイトを三重連にしました。

P9130014.jpg
P9130017.jpg
P9130019.jpg
P9130027.jpg
P9130028.jpg
P9130021.jpg

今日も独創的な凧を揚げてくれました。

P9130023.jpg
P9130034.jpg

N氏最近、元気がない

P9130002.JPG
P9130029.jpg
P9130033.jpg

東京スカイツリーとミラー100連凧



中秋の名月は雲の切れ目にチラと見るだけで終わりました。
満月見たかったな。
夜空が晴れたのは午後の10時すぎだったみたいです。