3月11日は、東日本大震災の日です。白い凧を揚げよう。

P3270006.JPG

東北地方を中心に未曾有の被害をもたらした東日本大震災の発生から9年を迎えようとしています。
震災の記憶は、時間とともに人々の記憶から薄れていきます。
しかし、決して忘れてはいけないできごとです。
この震災により犠牲となられた全ての方々に対し哀悼の意を表すべく、午後2時46分に1分間の黙とうを捧げ、御冥福をお祈りしたいと思います。

東日本大震災は、震度7 マグニチュード9.0
被害は、死者19.689名 行方不明者2.563名
建物被害全壊121.995戸
震災直後の避難者数 推計47万人

2011年3月11日(金)14時46分、三陸沖に起きたマグニチュード Mw 9.0、最大震度7の大地震。この地震につづけて15時過ぎから16時ごろにかけて、大きな津波が起こり、東日本の太平洋側の地域が大きな被害を受けました。
9m以上の高さの津波が街を飲み込み、建物の5階まで浸水した地域もありました。東日本大震災の死者のほとんどが津波による被害とされ、現在も行方不明である2,563人の方の捜索活動は、いまもなお続けられています。
また、この震災によって避難した人は最大で約47万人。現在も4万8,181人の方が本来の自宅以外の地域や仮設住宅などで暮らしています。

2014年から仙台の被災地で開催される「被災地海岸線の空に笑顔の凧が舞う連凧~笑み舞う~」に毎年参加、その様子は、YouTubeで紹介してきました。主催者の書ギャラリー親かめ子かめ/NPO法人みんな一書(代表 亀井 勤)と協力している仙台凧の会の濱 弘二氏、真砂俊雄氏ほかと、白い凧を揚げて被災者の冥福をお祈りしてきました。

しかし、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う慌ただしい動きに、東京・葛飾区の堀切水辺公園で毎週土曜日に催している「堀切凧揚げ会」もしばらく中止となり、今春開催される凧揚げ大会も参加を自粛しようと考えております。
そんなことで、「笑顔の凧が舞う連凧~笑み舞う~」にも参加しないことにいたしました。

個人的には。「笑顔の凧が舞う連凧~笑み舞う~」の開催日である3月8日(日)と被災日の11日(水)は地元の荒川河川敷で鎮魂の100連と白い鯉のぼりを揚げます。

一人で凧を揚げて、黙祷いたします。でも。気持ちは仙台の皆さんと一緒に同じ空の下で揚げます。

P3100031.jpg

凧揚げ会場の仙台荒浜 深沼海水浴場
荒浜地区で東日本大震災の津波で186人が亡くなった。

thumbnail2.jpg

鎮魂の100連

00421d1b.jpg

東日本大震災で未だに行方不明の2,563人。
帰りを待ち望む家族が道しるべとして揚げていたのが鯉のぼりでした。

P3100039.jpg

昨年の深沼海水浴場での鯉のぼり


強風の凧揚げ(春一番)堀切凧揚げ会2020春季3回目

P2220002-2.jpg

2020年2月22日(土)葛飾・堀切水辺公園(荒川河川敷)にて今季3回目となる「堀切凧揚げ会」を催いたしました。
曇り空で気温は暖かく、しかし、強風となりました。関東では「春一番」となりました。
凧は骨が折れる寸前のようです。

P2220001.jpg

こんなに強い風が吹くときに、凧揚げするバカは、何人集まるのかと思ったら、病気で長期療養中のI氏まで参加。6名が集いました。
さすがに連凧を揚げようとするのは、いませんでしたが、強風を予想して持参したS氏は20年前に購入したボックスデルタカイトが見事な揚がり方をしてくれました。

P2220002-1.jpg

バタバタと大きな音を発しながら揚がるフレアカイトII
凧は骨が折れる危険を感じて早めに回収。

P2220004.jpg

Sa氏の袖凧なんですよね。姿は別物のようです。

P2220006.jpg

コブラカイト
風にあおられて落ちて、また、揚がるの繰り返し。
何もしなくても勝手に揚がっています。




揚げて10秒も経っていないのにスピンカイトが骨が折れて墜落。
補強されたイーグルカイトも主軸のカーボン骨が破損。
凧2基が糸が切れて飛ばされました。
どちらも無事に回収。
結局、散会するまで強い風は吹き荒れました。

P2220008.jpg

みんなでパチリ
こんなに風が強くても凧を揚げに来るバカな親父たちです。
よろしくね


王子稲荷神社の帰りに岩淵水門で連凧を揚げる

P2210014.jpg

2020年2月21日(金)北区にある王子稲荷神社の凧市の帰りに、岩淵水門(青門)でミラー130連凧を揚げてきました。
快晴ですが、風が急に強くなったり、急に無くなったりの不安定な風でトラブル発性。先頭の10枚が荒川に落ちた。回収に手間取り、疲れました。

P2210017-1.jpg
P2210017-2.jpg
P2210016.JPG

凧がキラキラとてもキレイでした。

王子稲荷神社の凧市2020「二の午」

P2210005.jpg

2020年2月21日(金)東京北区の王子稲荷神社で「凧市」開催。2020年は“初午”の2月9日と“二の午”の2月21日の2回ありまして、今日は、「二の午」です。
昼前に到着。少し早すぎたようで訪れる方は少ないようです。

242794f0c8d.jpg

「凧市」は、たびたび大火事に見舞われた江戸時代に、王子稲荷神社の奴凧を「火防の凧(ひぶせのたこ)」として受けたのが始まり。
熱風が大火につながることから、風を切って揚がる凧を火事除けのお守りにしたといわれています。
奴凧をまつると火難をまぬがれ、無病息災・商売繁盛にご利益があるとして、現在でもこの「火防の凧」を受けるために、2月の午の日に多くの人が王子稲荷神社を訪れます。
「火防の凧」は奴凧型の凧で、大きさはおよそ縦20センチ×横幅25センチ。
例年、1体1,700円で授与されています。
「凧市」当日は、王子稲荷神社の境内から旧参道沿いに数多くの屋台・露店が立ち並び、午前中から夜まで多くの人で賑わいます。

a837b4.jpg

こちらは明治三十三年(1900)に史伝編纂所より出版された『日本之名勝』に掲載されている王子稲荷神社。戦前の境内を知る事ができる貴重な写真となっている。
石段が2つあり、上述した浮世絵などに描かれていた様子と変わらない。
鬱蒼と杉が生い茂った境内だった事が分かる

昭和二十年(1945)、東京大空襲によって本殿が大破。
昭和三十五年(1960)、本殿が再建される。
その後も境内整備が進み現在に至っている。

P2210002.jpg

拝殿前から正面入り口

P2210003.JPG
P2210004.jpg

拝殿前の階段

P2210006.jpg

火防の凧(ひぶせのたこ)のお守りも売っています。

P2210007.jpg
P2210008.JPG
P2210009.jpg

凧が売られています。

P2210010.jpg

日本の凧 ミニ凧が飾られています。

P2210012.jpg

神楽殿



堀切凧揚げ会2020春季2回目

P2150030.jpg

2020年2月15日(土)葛飾・堀切水辺公園にて春季2回目の堀切凧揚げ会を催いたしました。
天気予報では、晴れるとなっていたのですが、曇り空で風も期待できると思っていたのですが、残念ながら、しばらく無風状態が続き、凧談義で終わる雰囲気でした。
午後3時頃でしょうか、東南からの風が吹いてくれたおかげで、連凧3基が見事に揚がるなど、公園に遊びに来てくれたギャラリーが楽しんでくれたようでした。

P2150012.jpg

連凧3基の他が見事に揚がりました。

P2150002.jpg

しばらく無風状態が続き、凧談義中

P2150003.JPG
P2150004.jpg

やっと、風が吹いてきましたのでミラー130連凧を揚げる

P2150006.jpg
P2150008.jpg

S氏は当初は130連凧でしたが、この雰囲気に今まで揚げたことがない連凧全て192連凧を揚げました。長さは、約300メートルになります。

P2150009.jpg
P2150010.JPG

ニコニコしてます。10年前の自分のイラストが描かれた凧が出てきたからです。

P2150013.jpg
P2150015.jpg
P2150023.jpg

N氏の新作の連凧です。
角凧の40連凧+10連凧

P2150024.jpg
P2150001.jpg
P2150025.jpg

Y氏の独創的パッチワークカイト

P2150026.jpg

S氏の六角凧

P2150011.jpg

Sa氏の三重連凧

P2150027.jpg

久々に揚げたコンゴウインコのカイト

P2150032.jpg

コブラカイト

P2150016.jpg
P2150017.jpg

東京スカイツリーを背景に

P2150033.jpg

散会した時の夕陽



16日に開催予定であった「アフガニスタン凧揚げ大会」は、天候不順で中止になりました。


板橋・荒川戸田橋緑地公園 凧を揚げる

P2140003.jpg

南風が吹くとのことで何ヶ月ぶりに荒川戸田橋緑地公園にて凧揚げです。
あいにく曇り空でしたが気温が暖かく気持ちよく揚げてきました。
ホームグランドなんですが、南風でないと凧を揚げられません。
なぜ、揚げられないと、南側には高圧電線があるからなんです。

P2140002.JPG

スピリットカイトの150連凧の内、100連凧だけあげました。
数年前に、やや強風用に製作したもので、久々に揚げてみました。
上昇角度が高いのが特徴です。

P2140004.JPG

スピリット(魂の意味)カイト
連凧の他に中型、大型、特大とサイズがあります。基本的に尾は付きません。

P2140008.jpg

グニャグニャカイト
いつ頃製作した凧でしょうか

P2140009.jpg

創作凧。シンプルな凧ですが、収納する際は丸めることができます。



小さな凧も童心に戻って揚げるのも良いものですよ。


王子・名主の滝公園

P2090015.jpg

王子稲荷神社の隣にあります「名主の滝公園」に寄ってきました。
参道の混雑からは、別世界ですよ。

名主の滝公園は、これらの滝とケヤキ・エノキ・シイ、そして100本余りのヤマモミジが植えられた斜面を巧みに利用して自然の風景を取り入れた回遊式庭園です。

P2090016.jpg

入り口から入ると、すぐ右側に池が現れます。

P2090017.jpg

こんなところで撮影会してました。

P2090018.jpg

なんて、静かなんでしょう
冬はチョット寒いから避けたほうが良いかも

P2090019.JPG

女滝
水は流れていません

P2090023.JPG

男滝

江戸時代の安政年間(1854~1860)に王子村の名主「畑野孫八」が自邸に開いたのが始まりで、“名主の滝”の名前の由来もここから来ました。庭園として整備されたのは、明治の中頃で、垣内徳三郎という人の所有になってからでした。昭和13年には、株式会社精養軒が買収し、食堂やプールなどが作られ公開され続けてきましたが、昭和20年4月の空襲により焼失し、ようやく東京都によって再公開されるようになったのは昭和35年11月でした。

武蔵野台地の突端である王子近辺には滝が多く、かつて「王子七滝」と呼ばれる7つの滝がありました。このうち「名主の滝」だけが現存する唯一の滝となっています。「名主の滝」は、都内でも有数の8メートルの落差を有する男滝(おだき)を中心とする女滝(めだき)・独鈷の滝(どっこのたき)・湧玉の滝(ゆうぎょくのたき)の4つの滝からなります。


午前9時から午後5時まで(入園は閉園の30分前まで)
※7月15日から9月15日は午前9時から午後6時まで(入園は閉園の30分前まで)

王子稲荷神社の凧市2020初午

P2090007.jpg

2020年2月9日(日)東京都北区岸町にある王子稲荷神社の凧市に訪れました。
「凧市」は、毎年2月の『午の日(うまのひ)』に催され、2020年は『初午(はつうま)』の2月9日(日)と『二の午(にのうま)』の2月21日(金)の2回行われます。
また、2月9日の初午の日は、王子稲荷神社の「初午祭」例祭日でもあります。

連続ドラマのロケ地としても注目され、“関東稲荷の総司”として、古くから厚い信仰を集めている王子稲荷神社。なんでもここには、運試し&願掛けができる、摩訶不思議な“御石様”が祀られているとか!狐にまつわる数々の伝承も残っているそうです。

東京都北区岸町にある神社で東国三十三国稲荷総司との伝承を持ち、落語『王子の狐』でも有名ですね。
創祀年代は不詳だが、康平年中、源頼義、奥州追討のみぎり、深く当社を信仰し、関東稲荷総司と崇敬した神社。つまり、関東の稲荷神社の総元締めというお宮です。
古くは、岸稲荷と称していたが、元亨二年(1322年)領主豊島氏が紀州熊野神を勧請し、王子神社を祀ったことから、王子という地名となり、王子稲荷神社と称するようになったそうです。

「凧市」も江戸時代から続く歴史ある行事。当時、江戸の街はよく火事に見舞われ、風が大火につながることから、風を切って上る凧を火事除けのお守りにと、民衆が王子稲荷神社の奴凧を「火防の凧(ひぶせのたこ)」として買い求めたのが始まりだそうです。
当日限定で授与される「火防せの凧」も人気で長い行列が出来るほど。さらに、「凧市限定御朱印」も授与して戴けます。

242794f0c8d.jpg

「火防の凧」は奴凧型の凧で、大きさはおよそ縦20センチ×横幅25センチ。

P2090001-1.jpg

王子駅からの参道入り口

P2090001-2.jpg

参道の露店

P2090003-1.jpg
P2090003-2.jpg
P2090003-3.jpg

露店がこんなに多いのに驚き

P2090005.jpg
P2090006.jpg
P2090007.jpg

王子稲荷神社へ参拝する列
階段があるので入場制限しています。

P2090008.jpg
P2090009.JPG

小野庄凧屋の小野さん

P2090010.jpg
P2090011.jpg
P2090013.JPG
P2090014.jpg

神楽殿では、奉納舞がすでに終了していました。

src_10988733.jpg

奉納舞「白狐衆の舞」が見られたのに

takoichi001.jpg

上の写真は十年ほど前に撮影したものですが、神楽殿で舞楽を披露する、いなり幼稚園の園児たちです。美しい装束を纏い、可愛らしいだけでなく、凛とした立派な舞いを見せてくれました。今年は時間の関係で鑑賞することはかないませんでしたが、現在も脈々と受け継がれているようです。



動画では、神楽殿での奉納舞を2017年に撮影した。伝ふプロジェクトによる「狐母娘の舞」と、いなり幼稚園の園児による「浦安の舞」を紹介してます。ただ、手ブレがあります。

この後、王子稲荷神社の隣にあります「名主の滝公園」へ訪れました。

堀切凧揚げ会2020春季1回目

P2080021-top.jpg

2020年2月8日(土)葛飾・堀切水辺公園(荒川河川敷)にて、この春一回目の凧揚げ会を催しました。
暖かい陽射しに恵まれたけど、風が強かったり、弱かったりで凧に目の離せない凧揚げとなりました。

P2080004.jpg
P2080010.jpg

久々に揚げたアローカイトの150連凧

P2080014.JPG

独特のカイトを創作するY氏

P2080002.jpg
P2080008.jpg
P2080020.jpg
P2080023.jpg

Y氏の独特の創作パッチワークカイト

P2080013.JPG

積極的に参加するSa氏

P2080009.jpg

Sa氏の二重連凧

P2080027.jpg

Sa氏の六角凧

P2080016.jpg
P2080017.jpg

S氏も連凧に挑戦

P2080025.jpg
P2080026.jpg

S氏の連凧

P2080019.jpg

N氏のコブラカイト

P2080021.jpg

N氏の堀切商店街のキャラクター「ほりきりん」の連凧

P2080022.jpg

蛸の凧

P2080024.jpg

タイガーカイト

P2080028.jpg

コブラカイト

P2080029.JPG

予定の4時を大幅に過ぎてしまった。

P2080033.JPG

みんなでパチリ




第51回全日本総合錦鯉品評会「審査」編

top_2020.png

2020年2月1日と2日東京流通センターで第51回全日本総合錦鯉品評会「国魚の祭典」が開催されました。
この編では、審査で優秀な成績を残した錦鯉を主に編集しましたので豪華な錦鯉をご覧ください。

同時開催された「夢鯉展2020」は、別に編集致しましたので「夢鯉展2020」編をご覧ください。

P2020003.jpg
P2020006.JPG
P2020007.jpg

錦鯉について
錦鯉は日本で作られた唯一の観賞魚で、「国魚」ともいわれています。 自然界にいる真鯉の中からわずかな色彩を見いだし、改良に改良を重ねて現在の美しい姿が創り上げられてきますた。 その始まりは江戸時代の中期にさかのぼることができます。 発祥は新潟県の中央部に位置する山古志地方です。 雪深い山間地の人々が極彩色の錦鯉を作り、今日見るような多くの品種を創造してきました。

 錦鯉の品種は細分化すると80種以上にも達します。これはど多くの品種がある観賞魚は他に類を見ることができません。 錦鯉の魅力の一つはバラエティーに富む品種を楽しめることにもあります。
 錦鯉は全長10cm前後から1mに及ぶものまで、あらゆる大きさのものが観賞の対象になります。 このため飼育する池の広さ、水量に応じた大きさの鯉が選べます。 小さな鯉はガラスの水槽やマンションのベランダでも飼うことができます。
 錦鯉は原産地の新潟をはじめ、日本各地で生産されるようになりました。 国内は元より、世界各地に輸出されています。外国ではカラフルな色彩と大きく育つことから「世界最大のガーデンフィッシュ」とも言われ、愛好家が増えています。

 錦鯉の用語は外国でも日本語が使われています。品種名はもちろん、専門用語までが日本語で通じます。(錦鯉=NISHIKIGOI・紅白=KOHAKU・一才魚=当才=TOHOSAIなど) 日常語では外来語が多くなっていますが、錦鯉用語は国際語として位置づけられている数少ない日本語の一つといえます。
 このように日本人が創り出した錦鯉は全世界に普及するようになってきました。 それはカラフルな色彩が見る人を魅了するだけでなく、一部の品種に見られる渋さが「侘/わび・寂/さび」にも通じるためです。 いわば日本文化の中の「泳ぐ芸術品」として受け取られたいるからです。 あなたも是非、国魚錦鯉の美しさを堪能して下さい。
 
全日本錦鯉振興会(企画)「錦鯉への招待」より

第51回全日本総合錦鯉品評会「審査」編


第51回全日本総合錦鯉品評会「夢鯉展2020」」編



第51回全日本総合錦鯉品評会「夢鯉展2020」編

P2020008-top.jpg

2020年2月1日と2日東京流通センターで第51回全日本総合錦鯉品評会「国魚の祭典」が開催されました。
この編では、第一展示場の同時開催された「夢鯉展2020」を主に編集しましたので豪華な錦鯉をご覧ください。

P2020003.jpg
P2020006.JPG
P2020007.jpg
P2020008.jpg
P2020041.JPG

展示されていた錦鯉は、動画でご覧ください。


第51回全日本総合錦鯉品評会「夢鯉展2020」編



第51回全日本総合錦鯉品評会「審査」編もご覧くださいね。

埼玉伝統工芸会館広場みんなで凧をあげよう!

P1260016.jpg

2020年1月26日和凧制作に不可欠な和紙の本場「小川和紙」の埼玉県小川町へ行ってきました。
埼玉伝統工芸会館の広場で「みんなで凧をあげよう!」で清水廣之氏と小生がサポートです。
開催前に雨が降ったり、無風の状態が状態が続いたので盛り上がりには欠けていましたが、午後になって弱い風が吹くようになってから凧を揚げてきました。

P1260003.jpg
P1260005.jpg

埼玉伝統工芸会館広場

P1260006.jpg

会場受付

P1260008.jpg

東武東上線小川町駅からは徒歩だと、だいぶ遠いのですが、すぐ近くに電車は通過していきます。

P1260010.jpg
P1260011.jpg

午前中は風がありませんでしたが、子供達は元気に走り回って凧を揚げていました。

P1260013.jpg

風がないのですが、連凧を揚げてみます。

P1260014.jpg

午後になってから、風が出てきましたので、富士山の10連凧を揚げました。
白い凧なので雲に溶け込んで見づらくなります。
でも、しばらくすると青空になりました。

P1260015.jpg

富士山の10連凧の様子を見て、清水氏の連凧を揚げます。
青空に連凧が鮮やかに揚がりましたよ。

P1260016.jpg

ランデブーの様子。皆さん喜んでくれました。
しかし、この時は、風が乱れています。



2月2日(日)は、東京流通センター展示会場で開催される「第51回全日本総合錦鯉品評会」に行ってきます。


桃井はらっぱ手作り凧揚げ大会2020後編

P1190033-2.jpg

2020年1月19日(日曜日)東京都杉並区の桃井はらっぱ広場で「桃井はらっぱ手作り凧あげ大会」が開催されました。
昨日は雪が降って開催できるのかなと心配してたのですが、凧揚げ日和に恵まれまして、子供達は元気に凧揚げを楽しみました。後編は日本の凧の会のメンバーをまとめてみました。

P1190034.jpg

ミラー130連凧
長さは200メートル

02.JPG
03.JPG
04.JPG

午後に揚げたミラー130連凧を揚げている風景(撮影は伊地知英信氏)

P1190029-2.jpg

みんなでパチリ
右から、渋田廣文氏、清水廣之氏、大野正博氏、柴田利昭氏、叶 健二氏、大野研介氏

P1190043-2.jpg

右から、伊地知英信氏、柴田利昭氏、大野研介氏、大野正博氏

P1190045-2.jpg

みんなでパチリ
前右、新戸部啓二氏 前中、大野研介氏 前左、大野正博氏
後右、江刺祐造氏 後二人目、 小生 後三人目、柴田利昭氏 後左、叶 健二氏

P1190037-2.jpg

右、本橋邦敏氏 左、新戸部啓二氏

P1190039.jpg

伊地知英信氏の凧

P1190040.jpg

右、伊地知英信氏 左、大野正博氏




みなさん、お疲れ様でした。

桃井はらっぱ手作り凧揚げ大会2020前編

P1190004.jpg

2020年1月19日(日曜日)東京都杉並区の桃井はらっぱ広場で「桃井はらっぱ手作り凧あげ大会」が開催されました。
昨日は雪が降って開催できるのかなと心配してたのですが、凧揚げ日和に恵まれまして、子供達は元気に凧揚げを楽しみました。前編は会場の様子です。

P1190005.jpg

早朝の桃井はらっぱ広場
会場前 もう、列を作っていますよ

P1190006.jpg

昨日の雪混じりの雨の痕跡

P1190008.jpg
P1190009.jpg

まだ、準備中ですね

P1190018.jpg

凧にお絵描き すごい混雑してます

P1190020.jpg
P1190021.jpg
P1190022.jpg

開会式です

P1190010.jpg
P1190011.jpg
P1190012.jpg
P1190014.jpg

元気に凧揚げ

P1190017.jpg
P1190030.jpg

柴田利昭氏の精巧なミニ凧

P1190031.jpg

叶 健二氏のロータリーカイト

P1190047.jpg

叶 健二氏の微風カイト 良く揚がります

P1190041.jpg

叶 健二氏

P1190032.jpg

清水廣之氏の六角凧


後編に続く

驚きの鎮魂の100連凧

P1170010.JPG

2020年1月17日この日は、25年前、午前5時46分に起きた阪神淡路大震災が発生した。兵庫県内の各地では追悼行事があり、遺族らが亡くなった人たちに鎮魂の祈りをささげました。
発生した時刻には大幅に遅れましたが、赤羽の岩淵水門(青水門)で薄曇りの中、白い鎮魂の100連凧を揚げてきました。そして、驚きの・・・・

000-2-view.jpg

根元から折れ横倒しになった阪神高速=1995年1月17日、神戸市東灘区

P1170005.JPG
P1170003.jpg
P1170001-3.jpg
P1170013.JPG
P1170015.JPG

白い鎮魂の100連凧
黙祷

P1170001-1.jpg

揚げたところに見に来てくれました。
他にも数人見に来てくれ「すごいですね?いくつ揚がっているのですか?」と質問されましたが、ほとんど無言で揚げていました。
凧を見れば「鎮魂」「絆」の文字が確認できるので察してくれるかなと思いましたが、残念ながら、思いは理解できなかったようです。
そして、質問しました。「今日は何の日か、ご存知ですか?」
残念ながら、阪神淡路大震災があったことも、記憶にもないようです。

P1170017.jpg

そろそろ帰ろうと思った時でした。
何と、連凧が垂直に揚がっていくのを目撃
急いでカメラを用意して撮影しましたが、垂直になったのは数秒で、慌てたものですから動画撮影は横に向けて撮影してました。
右上に鳥が飛んでいます。
未だに垂直になった状態を完璧に撮影できないでおります。




思いは天に届いたのでしょうかね。空は青空になり、陽射しは暖かくなりました。


阪神淡路大震災25年 激震の記録1995 取材映像アーカイブ 2020年1月10日公開



阪神淡路大震災の被災者の孤独死数が昨年は75人になったそうです。

第12回 堀切大凧揚げ大会2020

20191217.jpg

2020年1月11日(土)葛飾区堀切水辺公園(荒川河川敷)において、堀切の冬の風物詩「第12回 堀切大凧揚げ大会」が開催されました。
天候は曇り、風がやや弱い中で堀切中学校の生徒が、六角凧や小凧を揚げる他、さまざまな種類の凧がにぎやかに揚がりました。

P1110002.JPG
P1110003.JPG

展示されていた大凧と六角凧

P1110008.jpg

堀切中学の生徒さん

P1110009.jpg

開会式の挨拶
堀切大凧揚げ大会実行委員会一杉理事長

P1110010.jpg

開会式の挨拶
青木葛飾区長

P1110012.jpg
P1110013.jpg
P1110014.jpg

警察車両 展示 ( 白バイ、パトカー等 )

P1110024.jpg

消防車両 展示 ( 消防車、はしご車等 )

P1110015.jpg
P1110025.jpg

堀切中学の生徒さんたちが揚げた六角凧

P1110001.JPG

新潟県白根から凧揚げ指導の遠藤氏

P1110018.jpg

凧揚げ会場

P1110004.JPG
P1110005.jpg

堀切商店街マスコットキャラクター「ほりきりん」の110連凧
画像はありませんが150連凧も揚げました。

P1110017.jpg
P1110026.jpg
P1110027.jpg
P1110028.jpg
P1110029.jpg

揚がっていた凧



地元商店街、区内団体、町会が出店し、食べ物の模擬店が出店。来場者で賑わいました。

垂直に揚がる130連凧

2020-01-03-12.07.21.jpg

ここで紹介する画像は、2020年1月3日の国営昭和記念公園の原っぱ広場でのミラー130連凧を揚げている風景です。
ここでの凧揚げは、凧揚げするにしては、手で支えるしかできないので、凧の揚がった写真を撮影したいと思っていても、できない状況にあります。
この画像は、たまたま、公園に訪れた方が撮影したものをお借りしています。
この日は快晴なのですが、風が弱く、また不安定な中での凧揚げで、常に凧の揚がり具合を見ながら難しい調節をしていた。

2020-01-03-12.14.03.jpg

最近の連凧の凧揚げで、他の連凧では見られない珍しい現象が見ることが多くなりました。
それは、風が弱い時に起こる現象なのですが、連凧が垂直に揚がることです。
一般的な連凧は、ほとんどが35度ぐらいの角度で揚がるのが普通なのです。
この現象は、川が近くにあると起こることが多いのですが、上昇気流が原因と言われています。
しかし、国営昭和記念公園の原っぱ広場や武蔵野中央公園などの川が無い場所でも、私の連凧は垂直に揚がろうとすることが多く見られるようになりました。

2020-01-03-1.jpg

連凧は左右のブレが少なく安定した揚がりをするので高評価を頂いていますが、それ以外に垂直に揚がる性能があるようです。
ギヤラリーには、めったに見られない現象なので見られた方は運が良いですよ。良いことがありますよと、話していますが、最近では、揚げると垂直まではならなくても垂直に近い角度で揚がることが多くなったので、ぜひ、揚がるところをご自身で確認していただければと思います。

2020-01-03-2.jpg

垂直に揚がるのは、ダイヤ型150連凧とミラー130連凧の2種になります。
やや強風用のスピリットカイトや流れ星の連凧の上昇角度は高いことは分かるのですが垂直に揚がることはありません。

jokiryu.gif
zensen.gif

上昇気流とは、地上の一部分だけが暖められると、その部分だけがまわりの空気より軽くなり、上昇します。
暖かい空気のかたまりの方が冷たい空気のかたまりよりも軽いため、暖かい空気は冷たい空気との境に沿って上昇します。


武蔵野中央公園新春凧揚げ大会

P1040015・16.jpg

2020年1月4日都立武蔵野中央公園で新春凧揚げ大会が開催されました。
風は風速2~3メートル晴れの予想は外れ、曇り空となりました。
連凧を揚げてほしいと要請されたので揚げてきました。

P1040006.jpg

会場受付

P1040008.jpg
P1040009.jpg

お父さんとお母さんと凧にお絵描き

P1040001.jpg

日の丸をつけた凧が揚がっています

P1040002.jpg
P1040011.jpg
P1040012.jpg
P1040014.jpg

凧揚げ風景

P1040018.jpg
P1040019.jpg

ミラー130連凧を揚げる体験をチビっ子が挑戦。

P1040020.jpg
P1040021.jpg
P1040024.jpg
P1040025.jpg

揚がっていた凧




連凧は華ですねと言われましたけど、揚げていると凧に関する質問に答えるのに大変。
今回も連凧揚げ体験をみなさんにしてもらったのですが大人気で昼食もとれないでいたら、わざわざ会場担当者の方が持ってきてくれました。冷たい風が吹く中、冷たくなった弁当を頂きました。

国営昭和記念公園散歩と凧揚げ

P1030004.jpg

2020年1月3日は立川にある国営昭和記念公園に凧を持って出かけました。
その様子をご覧ください。

P1030001.jpg
P1030002.jpg

JR西立川駅から国営昭和記念公園西立川口へ向かいます。

P1030003.jpg

公園西立川口を入ると最初に迎えてくれる風景

P1030005.jpg

しばらく歩くと、JR立川駅側の出入り口

P1030006.jpg
P1030007.jpg

緑豊かな道を歩きます。

P1030008.jpg

左に遊戯具と広い原っぱが見えてきました。

P1030009.jpg

朝早くから列を作って待っていますよ

P1030013.jpg
P1030014.jpg

列を作っていたのは、凧作りの材料を求めるために並んでいたのですね。
多摩凧の会の皆さんがお手伝いしてます。

P1030018.jpg
P1030019.jpg
P1030017.jpg

S氏が万国旗の連凧を揚げています。

P1030020.jpg

子供達に連凧揚げ体験をしてます。

P1030016.jpg

小生は、ミラーの130連凧を揚げました。

P1030021.jpg

多摩凧の会の皆さんも凧を揚げています。
ごめんね。連凧を揚げるのに手がいっぱいで皆さんの凧を揚げている様子を撮影できませんでした。

P1030022.jpg

帰りJR西立川駅に向かうと、マンションとマンションの間から富士山の真上に太陽があるのを見つけました。もしかして、ダイヤモンド富士を見ることができるかもと撮影していたのですが、時間が経過すると太陽は右にずれていきました。残念。



4日は、凧揚げ大会が開催されるそうです。残念ながら、4日は、武蔵野中央公園で新春凧揚げ大会が開催。連凧を揚げて欲しいと要請を受けているので参加できません。

日本の凧の会新春凧揚げ大会2020

P1020057-2.jpg

2020年1月2日。板橋・荒川戸田橋緑地公園にて日本の凧の会第138回新春凧揚げ大会が10時より開催されました。天候は快晴。風はやや弱かったが全国各地から訪れた会員が自慢の凧を持参して参加してくれました。

P1020048-3.jpg

開会式の様子です。
たいめいけんより豚汁ほか、振る舞い

P1020034-3.jpg

子凧大集合を開催

P1020020-3.jpg
P1020021-3.jpg
P1020027-3.jpg
P1020036-3.jpg
P1020040-3.jpg
P1020045-3.jpg
P1020053-3.jpg
P1020058-3.jpg
P1020062-3.jpg
P1020069-3.jpg
P1020071-3.jpg

参加くださいました一部の写真と揚がっていた凧の一部の写真です。
全てを撮影するには無理がありますのでご理解ください。
画像は小さくなっていますが、クリックすると拡大されます。
また、どうしても大きな画像をご希望でしたらご連絡ください。
掲載されている画像は日本の凧の会会員以外には配布しないでください。

YouTubeの動画になります。



風が弱かったのですが、快晴に恵まれました良かったですね。
凧揚げでお蔭で長生きをしています。また、お会いしましょう。