「糸のきらめき」くらもちふさこイメージアルバム

画像


歌手「橘彩子」とギタリスト「折原良」が奏でる愛のハーモニー。「くらもちふさこ」の書き下ろしによるはじめてのオリジナル曲収録!!初期の代表作ですね。
麻上洋子・石丸博也・山田俊司・清水マリの人気声優が熱演!! 歌は大橋美加。
集英社『別冊マーガレット』9・10月号掲載の漫画「糸のきらめき」イメージ・アルバム。

画像


ジャケット表(左)、裏(右)

説明:
「糸のきらめき」くらもちふさこイメージ・アルバムLPレコード

■収録曲
【SIDE-1】
 01. 銀色のクレセント(インストルメンタル)
 02. ショパン:即興曲第4番嬰ハ短調
    作品66「幻想即興曲」より
    演奏:アダム・ハラシェヴィッチ
 03. コレッリ:合奏協奏曲ト長調より
    作品6の8「クリスマス」より
    演奏:イ・ムジチ合奏弾
 04. ベルゴレージ:フルート協奏曲奏曲ト長調より
    演奏:イ・ムジチ合奏弾/セヴェリーノ・ガッゼローニ(フルート)
 05. 竹田の子守唄 歌:大橋美加
 06. シューベルト:即興曲ハ短調作品90の1より
    演奏:イングリット・ヘブラー
 07. ばかだねおまえ 歌:大橋美加
 08. 銀色のクレセント 歌:大橋美加
 09. 銀色のクレセント(インストルメンタル)
【SIDE-2】
 01. チャイコフスキー:弦楽セレナードハ長調
    作品49第二楽章より
    演奏:アナトール・フィストゥラーリ指揮ロンドン交響楽団
 02. シベリウス:悲しいワルツ作品44より
    演奏:ウィレム・ファン・オッテルロー指揮ハーグ・フィルハーモニー管弦楽団
 03. SAM'S BLUES(インストルメンタル)
 04. 出逢い(インストルメンタル)
 05. ALL THE THINGS YOU ARE 歌:大橋美加
 06. ALL THE THINGS YOU ARE(インストルメンタル)
 07. 銀色のクレセント 歌:大橋美加

原作:くらもちふさこ
構成:仲倉重郎
音楽(作・編曲):西木栄二 1-1.5.7.8.9 2-3.4.7
編曲:竹部聰 2-5.6
ナレーション・ドラマ:麻上洋子・石丸博也・山田俊司・清水マリ

フィリップスレコード/S-7108/1981年発売/定価2500円

画像


ライナーノーツ表(左)、裏(右)

画像


特製カラーピンナップ

くらもちふさこ先生のメッセージ(ライナーノーツより転載)
強くて少し意地の悪い女の子を------
 突然、発作が起きた。
 当時、たて続けに、おとなしい主人公ばかり描いていたためだろう。強くて、少し意地の悪い女性が描きたくなった。それが、この作品を描いた動機であった。
 この主人公は、ずいぶん昔から暖めてあり、ストーリーを作る時点では、しっかりキャラクター(性格)も出来上がっており、それゆえ、とても動かしやすかったことを覚えている。描く前は、ずいぶん今までのタイプと違っていたので悩んでしまったが、思い切ってとりかかったら、ほとんど迷うこともなく描き上がってしまった。不思議な部分も数多かったが、あえて、思いついたままを描いてしまった。
 思いつきのまま動いてくれた主人公・彩子は、私にとって、ひじょうに気持ちのいい女性だった。

また、構成の仲倉重郎氏からは、少女はいつも不幸を背負っている。
 これは、かつての少女小説から今の少女マンガへ、脈々と受け継がれている太い骨である。そして、くらもちふさこは、その古典的な骨格を、鋭く澄んだ細やかな感性で、見事に自分の世界にとりこんでいる。その鮮やかさは、抜きんでているといってよいだろう。(ライナーノーツより転載)と記載されている。

ライナーノーツには、歌の大橋美加さん、出演している声優さんの写真が掲載されているが鮮明でないので分かる限り、下記に掲載します。

くらもちふさこ(本名:倉持房子)

画像


日本の女性漫画家。
生まれ:1955年 5月14日。
出身地:東京都渋谷区。
1972年 「メガネちゃんのひとりごと」が別マまんがスクール金賞を受賞、『別冊マーガレット』に掲載されデビュー。
武蔵野美術大学中退。妹は同じく漫画家の倉持知子。愛称はふーちゃんで、三原順「はみだしっ子」にくらもちふさこがモデルであるフーちゃんが登場する。また、以前美内すずえのアシスタントをしていたことがある。
少女漫画が多様化していった1980年代、少女漫画のよりリアルな面を、しかし繊細な筆致で描き出し、「いつもポケットにショパン」など多くの名作を生み出した。
それまでの少女マンガのヒーローといえばスポーツマンか優等生であったが、ミュージシャンをヒーローとしたのも、くらもちふさこが最初であった。
集英社(『りぼん』『別冊マーガレット』など)に代表される、現実の思春期の少年少女の恋愛を描く少女漫画のルーツ。特に、感情表現の素直じゃないクールな男の子を主役に配した設定は、典型的少女漫画のひな形とまでなり、その質の高さで現在でも人気は高い。
 

仲倉重郎(なかくら しげお)

画像


映画監督・脚本家。
生まれ:昭和41年8月21日。
出身地:東京都。
1965年東京大学文学部国史学科卒。松竹撮影所に入り、主に野村芳太郎、斎藤耕一、加藤泰の助監督をつとめ、1983年「きつね」で監督。1987年フリー。1994年より日本大学芸術学部講師。 (映)1983年「きつね」(T)1986年「天平の王道」1987年「別れの予感」1992年「沖縄恋唄」(T・ド)1994年「古都に挑むアメリカ人」。脚本に「ざ・鬼太鼓座」等。


西木栄二(にしき えいじ)

画像


生まれ:昭和29年4月27日。
出身地:東京都。
早稲田大学商学部卒。
作詞・作曲家。本作では、歌も担当。
大学生の頃に「猫」というフォークグループに(1972年)にエレキギターで加わりますが、まもなく脱退、「小室等とファクトリー」加入。バック・ギターをつとめる。その後、ロック界に行き、いろんなグループを渡り歩く。その頃から、時任三郎、国広富之、伊藤さやか、川島なお美、真田広之……いろんな人に曲を提供しています。


大橋美加(おおはし みか)

画像


ジャズシンガー。
生まれ:1959年8月29日。
出身地:東京都。
父はジャズ評論でも名高い大橋巨泉、母は同じくジャズシンガーのマーサ三宅。妹も同じくジャズシンガーのチカ・シンガー。娘はタレントの大谷瑠奈。短大在学中に東大ジャズ研にスカウトされデビュー。
1986年、ファースト・アルバムをリリースし、日本ジャズ・ヴォーカル賞新人賞を受賞。
以降、NY録音2枚を含むリーダー作9枚を発表。TV・ラジオ・コンサート活動の傍ら、シネマ・エッセイストとしても3冊の著作を発表。
1996年4月よりNHK-FM毎週水曜『ミュージック・プラザ第2部 ポップス(ジャズ・ヴォーカルとシネマの水曜日)』16:00 - 17:45(生番組枠)の構成、選曲、DJを足掛け10年間担当。


麻上洋子(あさがみ ようこ)

画像


声優・講談師。
生まれ:1952年7月10日。
出身地:北海道小樽市。
神奈川県立鎌倉高等学校卒業。講談師としては一龍斎 春水(いちりゅうさい はるみ)と号する。
声優としての代表的な出演作にアニメ『宇宙戦艦ヤマト』シリーズの森雪、『シティーハンター』・『エンジェル・ハート』の野上冴子、『銀河旋風ブライガー』のエンジェル・お町等のJ9シリーズなど。
1992年、講談師の一龍斎貞水に入門し、春水(はるみ)の号を受ける。1996年に二ツ目に、2004年真打ちに昇進した。
歌手としても、ソロで『子猫のフーガ』や吉田理保子ともシングルレコード数枚を発売した。舞台女優として、東京都文京区千石にあった三百人劇場にて『勇者オヤンタイ』などの舞台にも立った。


石丸博也(いしまる ひろや)

画像


声優。
生まれ:1941年2月12日。
出身地:宮城県。
芝浦工業大学中退。
劇団ひまわり、劇団太陽、JKプランニング、青二プロダクションを経て、ぷろだくしょんバオバブ所属。ぷろだくしょんバオバブの設立メンバーの一人である。
代表作に『マジンガーシリーズ』の兜甲児役、『最強ロボ ダイオージャ』のデューク・スケード役、『戦え!超ロボット生命体トランスフォーマー2010』のロディマスコンボイ/ホットロディマス役、OVA『銀河英雄伝説』のカール・ロベルト・シュタインメッツ役、ジャッキー・チェン出演映画の吹き替えなどがある。


山田俊司(キートン山田)

画像


声優・ナレーター。
生まれ:1945年10月25日。
出身地:北海道勇払郡穂別町。
本名及び旧芸名は山田 俊司(やまだ しゅんじ)。
代表作に『ゲッターロボ』・『ゲッターロボG』の神隼人、ナレーション役、『一休さん』の将軍足利義満役、『大空魔竜ガイキング』のサコン・ゲン役、『超電磁ロボ コン・バトラーV』の浪花十三、ナレーション役、『サイボーグ009(1979年版)』の004アルベルト・ハインリヒ役、『機動戦士Zガンダム』のジャマイカン・ダニンガン役、OVA『銀河英雄伝説』のアレックス・キャゼルヌ役、『ちびまる子ちゃん』のナレーション等で知られる。
現在は声優活動の傍ら、1995年に創設した自らの劇団「劇団ふりぃすたいる」も主宰している。


清水マリ(しみず まり)

画像


声優。
生まれ:1937年6月7日。
出身地:埼玉県浦和市。
埼玉県立浦和西高等学校卒業。
青二プロダクション、ぷろだくしょんバオバブを経て、現在は、清水マリ事務所所属。
日本初のアニメの主役、『鉄腕アトム』のアトム役、『妖怪人間ベム』のベロ役などで知られる。通称メ声優の母モ。
現在、音響芸術専門学校声優・アナウンス専門課程の講師。
父は大映映画で活躍した俳優の清水元。



このブログは2008/11/28に作成したブログを再編集してます。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック