東京のいいやん

アクセスカウンタ

zoom RSS 七夕の浮世絵 前編

<<   作成日時 : 2018/06/30 09:53   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


古事記の時代にさかのぼる神様に織布を捧げる「棚機女(たなばたつめ)」の信仰に、中国から伝わった織女に裁縫や芸事の上達を祈る乞巧奠の習慣があわさり始まったとされる七夕祭り。
江戸時代には七夕の節句は庶民の間にも広がり、短冊に願い事を書いて笹に吊るす習慣も一般的になったようです。
江戸時代の錦絵の世界に、涼を運ぶ七夕の装いや風物を探してみました。

画像


月百姿 「銀河月」-天の川・七夕-
芳年 Yoshitoshi 明治19年(1886)

織姫と彦星の伝説 あらすじ

むかしむかし、機織りの名人である織姫と働き者の彦星という牛飼いが天の川を挟んで住んでいました。
やがて2人は結婚しラブラブ新婚生活を送っていましたがイチャイチャしてばかりですっかり怠け者に…。
これに怒ったのが織姫の父である天帝。
「そんなに怠けてばっかりならもう別居!」と天帝は天の川を挟んで2人を離れ離れにしました。
強制別居措置に織姫と彦星は涙に暮れます。

さすがに不憫になった天帝は「マジメに働くなら1年に1回だけ会わせてあげてもいいんだからね」
ということで七夕の夜だけ逢瀬を楽しむことを許したのでした。

織姫と彦星は恋人同士ではなく夫婦なんですね。

さて、子どもの頃から親しんだこの織姫と彦星の伝説、もとは中国から渡来したものでした。
ちなみに、中国では織姫を織女(しゅくじょ)星、彦星を牽牛(けんぎゅう)星と呼び、織姫は琴座のベガ。彦星はわし座のアルタイルにあたります。

画像


江戸風俗十二ヶ月之内 七月 七夕筋違見附八辻
楊洲周延 明治22年(1889)

画像


江戸時代は,寺子屋などで教える手習いなどで儒教的な道徳教育がいきとどいており,ヨーロッパとは比べものにならないほど女性や老人,障害者に優しい社会であった。
商家では老人の身のまわりの世話に使用人を一人雇ったりした。

画像


江戸時代中期以降,体の線をすらりとみせるために,引きずるほど長い”引き裾”となった。明治の時代になるまで流行は続き,どんな裏店の女房でも引き裾になった。
長い裾を引きずるため外出時にはとくに汚れて困ることになり,紐で端折る”おはしょり”がうまれるのである。
絵では傘を差した女の人が多く見かけられる。
番傘はあまり上等でない竹の骨に油紙を張ったものだが,細身の高級傘も作られるようになってくる。

画像


七月の江戸の七夕風景。たくさんの笹飾りが立てられ風に吹かれている。
右は、白玉水とあるのは、水売りである。手桶の上には茶碗や白玉などを入れる箱を載せ,「白玉水」「冷水」といった看板を立てている。
冷水に白砂糖と白玉をいれて1杯4文(蕎麦1杯が16文)である。

画像


風俗通 たなばた
宮川春汀 明治30年(1897)

画像


当盛美人合 五節句の内 文月
歌川国芳

画像


雅遊五節句之内 七夕
歌川国芳 天保10年頃(1839)

画像


子供遊五節供「七月」
歌川国芳 天保14-年(1843-47)

現代、7月7日といえば梅雨の真っ最中。
東京の天気データでは過去10年で晴れた七夕はたった1回。
これは織姫と彦星ぜんぜん会えませんね。
ですが、江戸時代にはもっと高確率で2人は星空の逢瀬を楽しむことができました。
というのも、江戸時代の7月7日(旧暦)は現代の暦(新暦)では8月9日にあたるからです。
(2016年の場合)
つまり明治時代になり改暦が行われたことで織姫と彦星が逢える確率はグッと減ったわけです。

ちなみに、旧暦における四季の分け方は1〜3月が春、4〜6月が夏、7〜9月が秋、10〜12月が冬、
ということで旧暦7月7日は季節としては秋。なので、現代人にとって七夕といえば「夏のお祭」と
いうイメージですが、江戸っ子にとって七夕は「秋のお祭」でした。
これは意外!




七夕の浮世絵 中編に続く






クラフト フェルト手芸 ファンシー小物のキット ホビックス フェルトボールアクセサリー フェルトボールで作る 七夕飾り 織姫☆彦星
手芸材料の通信販売 シュゲール
フェルトボールで作る 七夕飾り 織姫☆彦星【 サイズ(約) 】 21×16×厚み4cm(パッケージサ

楽天市場 by クラフト フェルト手芸 ファンシー小物のキット ホビックス フェルトボールアクセサリー フェルトボールで作る 七夕飾り 織姫☆彦星 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
七夕の浮世絵 前編 東京のいいやん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる