東京のいいやん

アクセスカウンタ

zoom RSS 日比谷の原大凧を飛揚する図

<<   作成日時 : 2018/03/13 11:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


前回では日比谷公園での凧揚げ大会を写した新聞記事でしたが、同じ日比谷での図です。
皇太子殿下御慶事千代乃祝 第211号(明治33年6月15日)Web版 風俗画報から
「日比谷の原大凧を飛揚する図」

図を見ると江戸凧と異なる初めて見る大凧です。尾の数が多いですね。
調べても詳細がわかりません。
ずいぶん、のんびりしている凧揚げ職人。凧の内側で休憩しているのが描かれている。
相当大きな凧でない限り、内側で人が座って一服なんてできませんよ。

この図を掲載しているWeb版 風俗画報は、ジャパンナレッジが提供する電子書籍プラットフォームJKBooks上で、我が国最初のグラフ雑誌「風俗画報」を提供するデータベースです。明治22(1889)年創刊、518冊からなる「風俗画報」は、わが国最大の風俗研究誌としても知られています。

引用=教育と研究の未来
https://mirai.kinokuniya.co.jp/2017/11/2173/


有楽町の地名の由来

有楽町、という地名の由来には所説ありますが、説の1つとして、織田信長の弟、織田長益の号「有楽斎」にあるというものがあります。
慶長年間(1596年〜1615年)に織田有楽斎の屋敷があり、その後寛永年間(1624年〜1644年)には空き地となっていたところを人々が「有楽の原、有楽原」と呼んでいたことに由来します(竹内誠編 東京の地名由来辞典)。明治五年、有楽町という地名が誕生しました。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日比谷の原大凧を飛揚する図 東京のいいやん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる