東京のいいやん

アクセスカウンタ

zoom RSS 江戸時代の絵師 鍬形寫ヨが描いた「人物略画式」

<<   作成日時 : 2017/12/28 11:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


古い文献を探している中で凧揚げを描かれた部分がありましたので紹介したいと思います。
浮世絵が人気であった江戸時代に人物を描くのに参考書みたいに利用されていたもので、浮世絵師としては、初めて知る人物です。
鍬形寫ヨ(Kuwagata Keisai)明和1(1764)-文政7(1824)の代表的な作品は、鳥獣略画式で略画式と表されている通り、シンプルなスケッチ画のように描かれています。どれも柔らかい線で可愛らしく描かれている。
本名は北尾政美としても活動をしていた時期もあります。
葛飾北斎も葛飾漫画を描く際に参考にしていたように、確かに似たような絵が描かれています。
多分、現在でもイラストなど描く仕事をされている際に参考になるものです。

画像

画像

画像

画像


人物略画式の全ページはBritish Museumのギャラリーでオンライン公開されていますので要チェックです!
British Museum – Jinbutsu ryakuga shiki 人物略画式 (Figures in the Abbreviated Picture Style)

http://www.britishmuseum.org/research/collection_online/collection_object_details/collection_image_gallery.aspx?partid=1&assetid=1485120001&objectid=779376


くわがたけいさい【鍬形寫ヨ】

1764‐1824(明和1‐文政7)
江戸後期の絵師。江戸の畳屋に生まれ,北尾重政の門人となる。浮世絵師名は北尾政美(まさよし)。山東京伝(北尾政演)は兄弟弟子である。初め黄表紙などの挿絵画工として名を挙げ,恋川春町作《鸚鵡返文武二道》,京伝作《心学早染草》の挿絵が著名。1794年(寛政6),浮世絵師としては異例のことだが,美作(みまさか)津山藩の御抱絵師となり,97年名を鍬形寫ヨ紹真(つぐざね)と改称,狩野養川院惟信について狩野風を学ぶ。
世界大百科事典 第2版の解説より






コピック絵師たちの東方イラストテクニック 塗り絵からイラストメイキングまで
ホビージャパン
粗茶

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by コピック絵師たちの東方イラストテクニック 塗り絵からイラストメイキングまで の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
江戸時代の絵師 鍬形寫ヨが描いた「人物略画式」 東京のいいやん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる